FC2ブログ
粕壁の街並み

2018-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日光道中・粕壁宿」まちかど壁画絵巻について - 2013.01.31 Thu

かつては日光街道の江戸・日本橋から数えて第4番目の宿場町として栄えた「粕壁宿」(現在の春日部駅東口地区)。
蔵づくりの建物や数々のお寺、古民家の建ち並ぶ風情のある街並みが残る春日部のルーツともいえる地区です。
そして、かつての宿場町の面影を再生して、現存する歴史的な建物や街並みをストーリー性のある生き生きとした街にしていこうというのが「日光道中・粕壁宿」景観再生プロジェクト。
「まちかど壁画絵巻」もそのプロジェクトの一環です。
「粕壁宿」にまつわる由来や歴史を中心に、まちかど絵巻として建物の外壁やお店のシャッターなどに壁画を描いています。

いつも何気なく見過ごしているまちの風景をいにしえの歴史と重ね合わせて見直してみると、いつもとは違ったものが見えてきませんか。
こんなワクワクする物語が、春日部駅東口にはたくさん埋もれています。
「ぷらっと粕壁宿」では、そんな物語を次々と紹介していきます。

さあ、一緒に「粕壁宿」へタイムトリップしてみませんか。
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bigart01.blog119.fc2.com/tb.php/57-0284a1eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まちかど壁画「古利根公園橋・公衆トイレ」 «  | BLOG TOP |  » 12月22日、「春日部羽子板まつりと宿場町ハイキング」を町でおもてなししました! 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。